「アイデア創発 ONLINE WORKSHOP」レポート


デジタルとアナログのハイブリットで

オンラインワークショップはリアルを超える!


オンラインワークショップを実践する中で、「独創」にはむしろオンラインが向いている、紙やペンなど「アナログツール」をうまく使って「身体性」を高めることで、集中力の持続やアウトプットを向上できる! と感じていたので、「アイデア創発」をテーマにオンラインワークショップをデザイン!

オンラインワークショップだとつい「いかにデジタルツールを使うか?」(Miroって? Remoって?)に意識が行ってしまいがちですが、オンラインこそ「いかにアナログツールを使うか?」を問い直すことで、オンラインにとどまらないリアルを超えたワークショップになる!!ということを実感できました。


以下、ご参考までに「アイデア創発 ONLINE WORKSHOP」の概要です。

「Googleスライド」「Googleスプレットシート」も4月末まで公開(編集可)します!




ワークショップの目的

● 「明日から実践できるアイデア発想」を習得する

● 「デジタルツール」と「アナログツール」を的確に使い分ける

● 「アナログツール」の最適な使い所を見極める



デジタルツール

zoom・Googleスライド・Googleスプレッドシート


アナログツール

付箋紙(10枚程度)・A4用紙(20枚程度)・ペン(カメラに映して見やす太めの物)


 

プログラム(150)

05 雑談

05 趣旨・グランドルール説明

10 自己紹介(A4に記入→カメラに映して発表)

15 ディスカッション:アイデアで困っている事は?(付箋に記入→ディスカッション)

10 レクチャー:アイデアを生み出すコツ

40 発想法 ❶:要素×切り口

・連想ハニカムシート(Googleスライドに記入)

・切り口発想シート(Googleスプレッドシートに記入)

・アイデアシート(A4に記入)

・プレゼンテーション(カメラに映して発表)

45 発想法 ❷:3分アイデアソン

・掛合せ強制発想(A4に記入)

・アイデアシート(A4に清書)

・プレゼンテーション(カメラに映して発表)

15 まとめ・振返り(付箋に記入→共有)

05 おわりの挨拶・集合スクショ・アンケート案内

 

 

テーマは、ほぼすべての日本人がコアターゲットになるであろう「在宅勤務における体験」を向上させるアイデア。

アウトプットしたい「アイデアの飛距離」に対して、2つの発想法を使い分けることで「実現性の高いアイデア」「新規性の高いアイデア」を考案していきました。

 


発想法 ❶:要素×切り口

「Googleスライド」で用意した「連想ハニカムシート」で、「在宅勤務」から連想されるワードを展開し、「在宅勤務」を要素分解していきました。

・ハニカム画像を「スライドマスター」に設定しています

・六角形の中心の中黒「・」をクリックしてテキスト入力します

・参加者分のページを用意しています(左上の黒帯に名前を入力)

Googleスライド:連想ハニカムシート(編集可)2020年4月末まで

https://docs.google.com/presentation/d/12036pfTBoVP8i2l-ulOKkXEpwEQFxQzh9GJ-jgwi-bg/edit?usp=sharing 

 


続いて、「Googleスプレッドシート」で用意した「切口発想シート」で、分解した「在宅勤務」の要素と、発想の切り口を掛け合わせてアイデアを考案していきました。

・参加者分のシートを用意しています(左上の黒帯に名前を入力)

Googleスプレッドシート:切口発想シート(編集可)2020年4月末まで

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1zVx7-bWEbM1_tIkP-cl8SVc-nise_kfQZBmL4-MiPr0/edit?usp=sharing



最後に、「切口発想シート」からアイデアのタネを2つ選び、ブラッシュアップしながらA4に記入。カメラに映してプレゼンテーションしました。



発想法❷:3分アイデアソン

zoomの画面共有で「テーマから遠いもの」を提示。白紙のA4にペンを走らせながら、アイデアを強制発想していきます。 今回は、「鬼滅の刃」「FRISK」「キャンプファイヤ」「アンパンマン」を「在宅勤務」に掛け合わせ!


最後に、強制発想したアイデアのタネから1つ選び、ブラッシュアップしながらA4に清書。カメラに映してプレゼンテーションしました。



「オンラインワークショップ」なら PLAYWORKS にお任せください!
オンラインの特徴を最大限に活かしたワークショップをご提供します!

詳しくはこちら → https://keitatakizawa.themedia.jp/pages/3724494/online_workshop

 


PLAYWORKS Inc.|ともに創り、社会を前に進めよう

PLAYWORKS Inc. 代表 タキザワケイタ インクルーシブデザイナー・ワークショップデザイナー 新規事業・組織開発・人材育成など企業が抱える課題や、社会課題を解決へと導きます。一般社団法人PLAYERS・&HANDプロジェクト リーダー・筑波大学 非常勤講師・青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム 講師・D&I 100人カイギ キュレーター