「視覚障害 × グラレコ ONLINE WORKSHOP」レポート


障害の有無を超え、場所を超え、つながる。
未来に向け、対話をつむぐ。


視覚障害者(6名)グラフィッカー(3名)晴眼者(22名)の計31名で、対話のワークショップをオンライン(zoom)で実施しました!

もともとは、「視覚障害者とのオンライン対話」「オンラインでのグラフィックレコーディング」をテーマに、個別にオンラインワークショップを実施予定でしたが、せっかくなので「視覚障害 × グラレコ」として合体してチャレンジすることに! そして、このチャレンジに多くの方々に賛同いただき、最終的に参加者は31名になりました。

やってみて、「リアルでは実現できない、オンラインだからこそ実現できるワークショップ」になったと思います。個人的にも「オンラインワークショップの新たな地平線」が見えた感覚…


以下、ご参考までに「視覚障害 × グラレコ ONLINE WORKSHOP」の概要です!

 


 

 

ワークショップの目的

● 障害の有無・場所を超え「対話の力」を引き出す

● オンライン体験を通じて「障害者と健常者の関係性の再構築」を試みる

● 「コロナの影響で視覚障害者に生じている問題」のリサーチ

● 「オンライングラレコ・グラファシ」の有効性・課題を把握する

● 「投票」で柔軟かつリアルタイムにプログラムデザイン・ファシリテーションを行う

● ここでの対話をきっかけに「新たなアクション」を生み出す



ワークショップは全体で2時間。ワールドカフェ形式でグラフィッカーがホストになり、グループをシャッフルしながら、3つのテーマについて対話を行っていきました。



プログラム(120分)

05 雑談

05 趣旨説明

10 自己紹介(2・3名グループで3分・メンバーシャッフルで3回実施)

15 グループ作り:対話①

20 グループ替え:グラレコ共有 → 対話②

10 グループ替え:対話②2回目(カメラOFFで目を閉じて対話)

10 対話②グラレコ共有

10 休憩

15 グループ替え:対話③

05 投票(次のワーク決め)

05 グループ替え:ワークショップ振返り

05 振返りグラレコ共有

05 おわりの挨拶・集合スクショ・アンケート案内



対話テーマ

① コロナの影響で生じた、最悪の体験はなんですか?

② コロナのおかげで生じた、最高の体験はなんですか?

③ もしコロナが10年続いたら、人類はどんな進化を遂げていますか?

(②はカメラOFFにして目を閉じる事で、視覚障害を疑似再現しながら対話を行いました)



オンライングラレコ・グラファシ

グラフィッカーごとに以下の3パターンを実施。

iPadアプリ(Procreate)

壁面の「模造紙」をカメラで映す

手元の「スケッチブック」をカメラで映す

(グラフィッカーのCAROLさんが note 書いてくれました)



インタラクティブなプログラムデザイン

ラストのワークはzoomの「投票」機能を活用し、インタラクティブにプログラムを決めました。


 

「オンラインワークショップ」なら PLAYWORKS にお任せください!
オンラインの特徴を最大限に活かしたワークショップをご提供します!

詳しくはこちら → https://keitatakizawa.themedia.jp/pages/3724494/online_workshop

 


PLAYWORKS Inc.|ともに創り、社会を前に進めよう

PLAYWORKS Inc. 代表 タキザワケイタ インクルーシブデザイナー・ワークショップデザイナー 新規事業・組織開発・人材育成など企業が抱える課題や、社会課題を解決へと導きます。一般社団法人PLAYERS・&HANDプロジェクト リーダー・筑波大学 非常勤講師・青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム 講師・D&I 100人カイギ キュレーター