「視覚障害者と表現するよろこびを探究する!」デザインリサーチ解説


PLAYWORKS株式会社は文具メーカー ぺんてる株式会社 と、「視覚障害者と表現するよろこびを探究する!」をテーマとした、インクルーシブデザイン・プロジェクトを進行中です。
本記事は UXリサーチ/デザインリサーチ Advent Calendar 2022 の連携記事として、「Pentel:INCLUSIVE DESIGN PROJECT」において実施した、デザインリサーチをご紹介します!







リードユーザーとデザインプロセス

2021年8月にスタートしたプロジェクトは10名の視覚障害リードユーザーと共創しながら、約1年の活動の中で[ RESEARCH ][ IDEATION ][ PROTOTYPING ]を反復し、4つのテーマと8つのプロトタイプにたどり着きました。


詳しくは、これまでの活動をまとめたダイジェストムービーをご覧ください。

Pentel:INCLUSIVE DESIGN PROJECT 視覚障害者と表現するよろこびを探究する!(2021/10)

Pentel:INCLUSIVE DESIGN PROJECT 視覚障害者と表現するよろこびを探究する!(2022/10)




4つのテーマと8つのプロトタイプ

視覚障害者と表現するよろこびを探究する4つのテーマは、[ ACCESSIBILITY ][ HAPTICS ][ LOW VISION ][ COMMUNICATION ]。これらのテーマにもとづき、8つのプロトタイプを制作しました。




デザインリサーチ一覧


これまでのプロセスの中で実施した、デザインリサーチは以下です。(実施順)


 ● グループインタビュー(オンライン・視覚障害者 5名)

 ● 製品体験(郵送・視覚障害者 5名)

 ● アンケート(Web・視覚障害者 136名)

 ● 共創ワークショップ(オンライン・ぺんてる + 視覚障害者 5名)

 ● ヴィジョンデザイン(オンライン・ぺんてる + 視覚障害者 3名)

 ● デプスインタビュー(オンライン・視覚障害者 3名)

 ● 当事者体験(リアル・ぺんてる 視覚障害メガネ着用)

 ● シーン観察・インタビュー(リアル・視覚障害者 4名)

 ● デスクリサーチ(ぺんてる)

 ● プロトタイピング①(参考製品)

 ● プロトタイピング②(制作)

 ● ユーザーテスト①(リアル・視覚障害者 3名)

 ● プロトタイピング③(改良)

 ● シーン観察・インタビュー(盲学校・視覚障害児 4名)

 ● ユーザーテスト②(リアル・視覚障害者 3名)

 ● ユーザーテスト③(リアル・視覚障害者 11名)





デザインリサーチ解説


実施したデザインリサーチの中から、いくつかピックアップしてご紹介します。



アンケート

視覚障害者を対象に「画材やペン・絵画表現に関するアンケート」をWEBで実施し、136名もの方にご回答いただきました。アンケートを通じて視覚障害者が絵を描くことへの実態や、困っていること、工夫していること、理想の画材など、現状の把握を行いました。



ヴィジョンデザイン

ぺんてるのプロジェクトメンバーと視覚障害リードユーザーで、「これからはじまるプロジェクトについてどう思っているのか?」「プロジェクトを通じてどんなことを実現したいのか?」などを、対話を通じて探索していきました。



デプスインタビュー

アンケートに回答いただいた視覚障害者の中から、特にエクストリームな方を選定させていただき、オンラインにてインタビューを実施。オンライン越しでありながらも、実際に使われている画材や使用シーンを見せていただき、現状の課題感や要望を把握していきました。



シーン観察・インタビュー

コロナの状況を見ながら4名の視覚障害者にオフィスに来社いただき、実際に画材を使用している様子を観察。全盲グループ・弱視グループに分けることで、見えにくさの違いによる課題感や要望を把握し、インタビューからアイデアのタネを探っていきました。



当事者体験

ぺんてるメンバーはアイマスクやロービジョンをメガネを着け、さまざまな画材を体験。視覚障害を疑似体験することで、課題感をより自分事化していきました。



シーン観察・インタビュー

盲学校にうかがい、図工の授業を見学。子どもと大人の違いの把握や、「音」に合わせたり、「道具」を使うなど、新たな表現具の可能性を探究しました。



プロトタイピング①

考案した100案を絞り込むために、アイデアを疑似体験できる参考製品を持ち寄り、体験・対話からアイデアの方向性を絞り込んだ。自らプロトタイプを制作する必要がないため、時間を掛けずにアイデアの評価をおこなうことができた。


ユーザーテスト

制作したプロトタイプは都度、視覚障害者に体験いただき、フィードバックをもとに改良を行っていった。障害に関わらず、絵を描くことの好き嫌いや、その人の個性もアイデアの評価に影響してくるため、計14名の多様な視覚障害者にご協力いただきました。




プロジェクトの今後にご期待ください

「Pentel:INCLUSIVE DESIGN PROJECT 視覚障害者と表現するよろこびを探究する!」は、引き続き製品化を目指して活動をしています。ぜひ今後の展開にご期待ください!

また、障害者との共創から新たな価値を創出する「インクルーシブデザイン」にチャレンジしたい方は、お気軽に PLAYWORKS まで ご連絡 ください!

 

 


PLAYWORKS Inc.|ともに創り、社会を前に進めよう

PLAYWORKS株式会社は、インクルーシブデザイン・サービスデザイン・ワークショップを活用した、新規事業・サービス・製品・組織開発を支援します。また、障害者など社会的弱者を対象としたサービス・製品を企画・開発・提供しています。 代表取締役 タキザワケイタ インクルーシブデザイナー・サービスデザイナー