3/15 イベント「つたわる」インクルーシブデザインを開催します!


『インクルーシブデザイン』って、知ってますか?


『インクルーシブデザイン』をネット検索すると、「マイノリティに寄り添うデザイン」「答えがないデザイン」といった曖昧な表現や「これからの社会に必要なデザイン」と例えられています。具体的にインクルーシブデザインは、この社会でどのように活かされるのでしょうか?
今回は PLAYWORKS タキザワケイタをモデレーターに、CONCENT の佐野実生さん、秋山豊志さん、precogの金森香さんをお招きし、それぞれ「ビジュアルデザイン」「マシンリーダブル」「表現」をテーマに、「つたわる」インクルーシブデザインについて考えます。
四人が交わることで新たな議論や可能性が見い出せるのではないでしょうか!? 主催は PLAYWORKS インターン生です。インクルーシブデザインに関わり始めたばかりのインターン生がいま知りたいこと、学びたいことを起点に、共にインクルーシブデザインについて理解を深めましょう!



主催:PLAYWORKS Inc. インターン

私たちインターン生は、曖昧でありつつも社会に求められているデザインに関心を抱き、視覚障害者・聴覚障害者とのインクルーシブデザインワークショップの実施サポートや、国内外の事例収集などからインクルーシブデザインについて学んでいます。本イベントを通じて、多くの方々にインクルーシブデザインへの理解を深めていただき、これからの社会を描くきっかけにしたいです!



こんな人に参加してほしい!

● インクルーシブデザインについて理解を深めたい人

● アクセシビリティに取り組みたいけど、何をやったらいいか分からない人

● インクルーシブデザインによる芸術表現に興味がある人



開催概要

開催日時:2022年3月15日(火) 19:00 - 21:30

参加費:無料

定員:100名

主催:PLAYWORKS株式会社

協力:株式会社コンセント



申し込み

https://playworks-inclusivedesign2203.peatix.com



ゲストスピーカー

佐野 実生 株式会社コンセント インクルーシブデザイナー

HCD-Net認定 人間中心設計専門家。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、コンセント入社。Webサイトや紙媒体のデザイン・ディレクション・編集・進行管理などに幅広く携わる。事業マネジメントに従事したのち 、現在はStrategic Design groupに所属しインクルーシブデザインアプローチを推進。Webサイトの代替テキスト設計、資料のアクセシブル化、オンラインセミナーでの字幕提供、ユニバーサルデザインを考慮したリーフレット制作など、さまざまな媒体にてインクルーシブデザインを実践している。

https://www.concentinc.jp

秋山 豊志 株式会社コンセント アクセシビリティエンジニア

2005年よりWeb制作会社にて従事。主に企業サイトを中心としたWebサイトの構築、ガイドライン作成に携わる。CMSを利用した1万ページ規模のWebサイトのコンポーネント開発や、多地域/多言語への展開を考慮したHTML・CSS設計、ウェブアクセシビリティ (WCAG2.1 レベルAA)への実践/評価を得意とする。ウェブアクセシビリティを通じ、インクルーシブデザインってなんだろうと試行錯誤している。

https://www.concentinc.jp


金森 香 株式会社precog プロデューサー

出版社リトルモアを経て、2001年ファッションブランド「シアタープロダクツ」を設立し、2017年まで取締役。また、2010年にはNPO法人DRIFTERS INTERNATIONALを設立し、芸術祭の企画運営・ファッションショー・出版企画などをプロデュースする。現在株式会社precogの執行役員としても、アクセシビリティや広報・PR、ブランディング事業等を担当し、新規事業としてバリアフリーのオンライン劇場「THEATRE for ALL」を始動した。また、最近のプロデュース作品としては、障害当事者とのクリエーションに関する、True Colors FASHION「対話する衣服」(ここのがっこう・河合宏樹)・落合陽一総合演出「多様性を未来に放つ ダイバーシティファッションショー」、AR三兄弟「バーチャル身体の祭典」などがある。

https://precog-jp.net



モデレーター

タキザワケイタ PLAYWORKS Inc. 代表 インクルーシブデザイナー・サービスデザイナー

新規事業・組織開発・人材育成など、企業が抱えるさまざまな問題を解決へと導きます。また、「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」や新感覚ダイアログワークショップ「視覚障害者からの問いかけ」、顔が見える筆談アプリ「WriteWith」の社会実装など、社会課題の解決にも取り組んでいます。一般社団法人PLAYERS リーダー・筑波大学 非常勤講師・九州大学ビジネス・スクール 講師・青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム講師・D&I 100人カイギ キュレーター

https://keitatakizawa.themedia.jp



プログラム

19:00 イントロダクション

19:10 プレゼンテーション

   佐野実生「インクルーシブデザイン × ヴィジュアルデザイン」

   秋山豊志「インクルーシブデザイン × マシンリーダブル」

   金森香「インクルーシブデザイン × 表現」

20:00 休憩 / インターン生「インクルーシブデザインを知って」

20:15 クロストーク

21:00 Q&A

21:20 クロージング



連絡事項

● テレビ会議ツール「zoom」を使用します。事前にアプリのインストールをお願いします。(URL転送はお控えください)

● 「UDトーク」による情報保障を予定しています。

● イベントにはマイクOFFでご参加ください。

● イベントの様子を記録・録画し、YouTubeなど各種媒体で使用させて頂く可能性がございます。

● 本イベントに関するお問合せ・取材依頼は こちら






インクルーシブデザイン のご相談・ご依頼は CONTACT から!



PLAYWORKS Inc.|ともに創り、社会を前に進めよう

PLAYWORKS株式会社は、インクルーシブデザイン・サービスデザイン・ワークショップを活用した、新規事業・サービス・製品・組織開発を支援します。また、障害者など社会的弱者を対象としたサービス・製品を企画・開発・提供しています。 代表取締役 タキザワケイタ インクルーシブデザイナー・サービスデザイナー