視覚障害者対象「画材やペン・絵画表現に関するアンケート」結果

 

ぺんてる株式会社 と PLAYWORKS株式会社 では、「INCLUSIVE DESIGN PROJECT:視覚障害者と表現するよろこびを探究する!」を実践中です。

今回は、事前リサーチとして実施した「視覚障害者対象:画材やペン・絵画表現に関するアンケート」結果の一部を公開いたします。 

すべてのアンケート結果や詳細、アンケート結果を使用されたい場合は、PLAYWORKS株式会社まで お問合せ ください。

 


 

視覚障害者対象:画材やペン・絵画表現に関するアンケート

実施期間:2021年8月14日〜9月7日

調査方法:Webアンケート

回答者:視覚障害者 136名

共同実施:ぺんてる株式会社PLAYWORKS株式会社

 


設問

● 日常的に絵を描く機会
● 日常的に絵をまったく描かない理由
● 絵を描く事に関する良い思い出
● 絵を描く事に関する嫌な思い出
● 使用している画材やペン
● 絵を描く上で困る事や大変な事
● 絵を描く上で工夫している事
● 日常的にもっと絵を描きたいと思いますか?
● 日常的にもっと絵を描きたい理由
● 日常的にもっと絵を描きたいと思わない理由
● 「理想の画材」「理想のペン」と聞いて、どのような物を想像しますか? 

 


 

回答者:視覚障害者 136名


障害の等級

● 1級 73名(53%)

● 2級 48名(35%)

● 3級 5名(4%)

● 4級 5名(4%)

● 5級 0名(0%)

● 6級 0名(0%)

● その他 5名(4%)


発症時期

● 先天 61名(45%)

● 中途 75名(55%)

 


 

日常的に絵を描く機会

● ほぼ毎日 3名(2%)

● 週に1回程度 11名(8%)

● 月に1回程度 10名(7%)

● 半年に1回程度 13名(10%)

● 年に1回程度 13名(10%)

● 数年に1回程度 16名(12%)

● まったく描かない 70名(51%)

 

→ 視覚障害者の過半数は日常的に絵を描いていない

 


 

日常的に絵をまったく描かない理由(自由回答)


● 対象物や絵が見えないから

・描きたいが見えなくなってきて辛いから。

・視力が落ちてきたこともありますが、色弱で色の違いが分かりにくくなってきたから。

・描いてみたいと思うのですが、描いたものが見えないのでどのようにできたか確認できないため、今は描いていません。

● 描く機会・必要性がないから

・見えないので描けないというのもあるが、特に描きたいと思うこともないので。でも、見えなくても簡単に描けるやり方があるなら知りたいと思う。

・視力が低下したことによってペンを持って描くことを感覚的に、日常的に忘れてしまっているから。

・絵で何かを伝えようと思わないから。たぶん、絵で描いても伝わらないだろうと思っている。

● 描く意欲が湧かないから

・目が見えなくなったら、描く意欲がなくなった。

・いい思い出がないから描きたくない。

● 興味がないから

・見えている時にも、興味が無かった。

・全盲になってから、このアンケートまで、絵を描くことに気づかなかったです。 チャレンジします。

● 上手く描けないから

・自分の思うように描けなさそうだから。

・全盲になる直前で、絵の正確さが失われていくことへの不安がある。

● 面倒だから

・描くまでにハードルが高過ぎること。

・今は絵画を描くことを諦めました。買いに行くのも大変です。

 



使用している画材やペン(複数回答)

● サインペン・マジック・マーカー・プロッキー 19名

● ボールペン 14名

● タブレット(iPad・iPhone) 13名

● 鉛筆 13名

● 色鉛筆 9名

● レーズライター 8名

● クレヨン・クレパス 8名

 


 

絵を描く上で困る事や大変な事(複数回答)


● 色が分からない 34名

● 描いた絵が見えない 31名

● 細かく描けない・ペン先が見えない 15名

● 絵全体が見えない 12名

● 対象物が見えない 6名

● レーズライターに関する困り事 6名

● 塗りつぶしができない・はみ出る 5名

● 思い通りに描けない 5名

● 汚れる 4名

● イメージかつかない 3名

● 間違えても消せない 2名

● 色名などの文字が読めない 2名

● タブレットをうまく使えない 2名

● 紙のガイドが見えない 1名

● 紙にインクが染みる 1名

● 目が疲れる 1名

 


 

日常的にもっと絵を描きたいと思いますか?

● とても思う 30名(23%)

● 少し思う 51名(39%)

● あまり思わない 24名(19%)

● まったく思わない 24名(19%)

● 未回答 5名

 

→ 視覚障害者の過半数は日常的にもっと絵を描きたいと思っている

 


 

日常的にもっと絵を描きたい理由(自由回答)


● 絵を描くのが好きだから

・絵を描くのが好きだから、見えなくなった今でも自由に絵を描きたい。

・上手い下手は別として、描けたら楽しいと思うから。

・全盲になった今もできる趣味があると楽しみも増えていいと思う。

● 他者とコミュニケーションを取りたいから

・目が見える友人たちとの会話のきっかけにできると思うから。

・子どもとのコミニケーションにも役立つかと思う。

・イメージを表現すること。誰かと共有し反応をもらうのとでコミュニケーションツールの1つとなったり、自己有用感が高まりストレス解消などに繋がるから。

● 以前のように描きたいから

・見えてた時は描いていたから。

・視力があった頃は描くのが好きで、マンガやイラストもどきをよく描いていたからです。以前のように描いてみたいと思います。

・見えている頃は、年賀状に干支の絵を描いていましたので、また描けるようになればいいなと思います。

● 表現したいから

・表現方法の1つだから。気持ちを表現したり、覚えておきたいことを表現したりするため。

・自分を表現するツールが増えると思うからです。

・自分の思いや見てきた物、感じた物など好きなものを描きたい。

● 技術や創造力を磨きたいから

・上手に描けるようになりたいから。

・思い通りに掛けたら嬉しい、だがそれができないんだ。

・もっとアートを楽しみながら、仕事に活かしたいからです。

● 自分の時間を持ちたいから・自分の世界に没頭したいから

・絵を描くことで時間を忘れられる。周囲を気にせず、自分の世界に没頭することができる。

・芸術を愛しているし、没頭できる時間は素晴らしい。

・絵を描いている時は、他のことを忘れて没頭できるから。

 


 

Pentel「INCLUSIVE DESIGN PROJECT:視覚障害者と表現するよろこびを探究する!」中間報告ムービー


PLAYWORKS Inc.|ともに創り、社会を前に進めよう

PLAYWORKS Inc. 代表 タキザワケイタ インクルーシブデザイナー・ワークショップデザイナー 新規事業・組織開発・人材育成など企業が抱える課題や、社会課題を解決へと導きます。一般社団法人PLAYERS リーダー・筑波大学 非常勤講師・青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラム講師・D&I 100人カイギ キュレーター・LEGO® SERIOUS PLAY® 認定ファシリテーター